会社概要,豊かで快適な環境作りのために新たな価値と可能性の扉を開きます。

社長あいさつ

社会の多様なニーズに応え、産業と社会の発展に貢献していきたい

AGCポリカーボネートは、旭硝子株式会社愛知工場内でシート製品を生産開始して以来、旭硝子株式会社の販売部門、研究開発部門のサポートを受けながら、押出し成型法によるポリカーボネートシート製品及びフィルム製品を供給してまいりました。

当社の製品は、建材、エレクトロニクスなどの幅広い分野・産業で使用頂いております。
弊社の特徴である素材製造から個割切断まで行い、一貫工場での品質面、サービス面での優位性を示し、お客様の幅広い要求に対応しております。
社会の多様なニーズに合った新用途でのポリカーボネートの追及、弛まなきコストの追及を行い競争力のある製品を提供し、産業と社会の発展に貢献していきたいと念願しております。
今後とも皆様の一層のご指導、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

AGCポリカーボネート株式会社
代表取締役社長

大橋 洋二

会社概要

会社名 AGCポリカーボネート株式会社(AGC POLYCARBONATE CO.,LTD.)
業務内容 ポリカーボネート製品の製造
設立 1989年
資本金 1億円
決算期 12月
所在地 〒470-2514
愛知県知多郡武豊町字旭1番地(旭硝子株式会社愛知工場内)
TEL 0569-73-7181 FAX 0569-73-6774
代表者 代表取締役社長 大橋 洋二

沿革

1989年 エスピー・パシフィック(Structural Plastic  Pacific)株式会社発足
GE Plastic:51%、旭硝子:49%の出資
1990年 ポリカーボネート樹脂「シート」生産開始
1991年 「薄板」、「フィルム」生産開始
2007年 GE Plastic がSABIC社(サウジ産業基礎公社)に事業売却
同社と旭硝子との合弁企業となる(出資比率変わらず)
2010年 8月 旭硝子が株式を100%取得し子会社となる
11月 AGCポリカーボネート株式会社(APC)へ社名変更
2011年 5月 フィルム用新ライン完成
11月 旭硝子の樹脂加工部門をAPCへ統合(前後工程一気通貫)
2015年 12月 資本金を1億円に減資

財務諸表の開示/決算公告

この公告は、「会社法」第440条1項に基づき貸借対照表及び損益計算書を公告するものです。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Systems社のAdobe® Reader®(無料)が必要です。ダウンロードしてご覧下さい。

その他公告の開示

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Systems社のAdobe® Reader®(無料)が必要です。ダウンロードしてご覧下さい。